NOIZZ Inc.

Company Vision

ユーザーニーズに基づいた事業展開

株式会社ノイズは、WEBサービスをメインにした事業展開を行うための組織として産声をあげました。
しかしながら、創業1年目にして「自分がやりたいこととユーザーが求めるモノの乖離は大きい」ということに気付かされました。
創業2年目である2011年3月以降、弊社は既存事業を残しつつも、企業・個人問わずたくさんの声を伺う機会を得られるよう、マーケティングを中心としたコンサルティング事業にピボット(転換)致しました。
また、同時にクライアントの皆様が必要としたものや弊社自身が社内システムとして必要なものを自社事業としてWEBサービス化し、広く一般にサービスを公開するに至りました。

当初のWEBサービス事業構想からピボットを図って1年を待たずに…改めて「WEBサービス」の展開を実施することになったものの、ユーザーニーズに基づいたサービス提供並びに体制が整ったことによって、以前とは比べ物にならないほど強固な組織運営・収益構造の構築が可能になりました。

株式会社ノイズは、現在もそして今後もユーザーに必要とされないものを提供することはありません。

全ての事業を横展開設計するスライド戦略

弊社では、事業運営によるヒト・カネのロスを最小限に抑えるため、「コンサルティング事業」「メディア事業」「新規事業企画支援」「WEBサービス事業」を水平展開できるよう事業設計を行っております。

全ての事業を横展開設計するスライド戦略

  • メディア事業
  • コンサルティング事業
  • Webサービス事業

「コンサルティング事業」はマーケティングを柱とした企業支援サービスですが、クライアントに提供するノウハウの多くは「メディア事業」にて蓄積した実証結果が基となっております。逆に、クライアントにて導入に至るまでに検証が必要なものは、「メディア事業」配下の弊社インターネットメディアを利用し、結果をクライアントにブリッジする役目を担っております。

また、「WEBサービス事業」は「コンサルティング事業」でご契約いただいているクライアントの皆様からのご意見を頂戴し、需要に基づいたサービス設計を行なっているため、必然的に構築サービスはほとんどのクライアントにご利用いただける結果となっております。

なお、「WEBサービス事業」は契約クライアントのみを対象としておりません。更に広くニーズの収集を可能にするために広く一般にサービスを提供しております。

弊社では、事業構築の際は必ず現在の「資産」との紐付けを重視し、よりシナジー効果の高い舵取りを行なってまいります。